夫婦のセックスレスが原因で離婚しないための解消法

夫婦生活を円満に

セックスレスに悩む男女は多い

夫婦のセックスレスが原因で離婚しないための解消法について紹介します。

日本の夫婦やカップルというのは世界でもかなりセックスをしないと言われています。

世界ではもう長年の夫婦でもスポーツのようにセックスを楽しんだりしていますが、日本の夫婦というのはまず旦那が疲れてしまって性交渉する雰囲気にすらならないとかって言いますよね。

昔は毎日のように、1日に何度も求めてきたのにも関わらず、今ではもう週に1回あれば多い!って言うぐらいです。

非常にセックスをする頻度が少ないのです。

たかがセックスと思うかもしれませんが、裸と裸で向かい合えるものですし、好きな人同士で無いと見せることが出来ないものでもありますよね。

普段言えない不満や不安、ストレスなどを性行為という場において言いづらいことが裸だからこそ言えることってあると思います。

そういった場がレスによってなくなるわけですからお互いの関係がギクシャクしていくわけです。

男女共に愛し、愛される関係としてもっともシンプルで分かりやすいのがセックスです。

にもかかわらず夫婦生活が長引いてしまうとお互いに遠ざかってしまうことも多いです。

よく年齢の性ということを挙げる人が多いですが、世界では同年代の夫婦や男女が愛し合うように性行為を楽しんでいるわけです。日本だけが特別回数が少ないわけです。

確かに元々お国柄で性行為に対してオープンではなくてクローズであるため性に対する知識が乏しいわけです。

そのためセックスに対する満足感というものが少ないとも言われています。

また日本は世界に誇る産業、アダルトビデオが非常に沢山出回っています。他のアジアの国ではアダルトビデオが禁止な国もありますが、日本ではものすごい数の本数が出回っていてクオリティーも高くアイドルよりも綺麗な女性が出演していたりもします。

そのため男性はマスターベーションに満足をしてしまっている人も多い理由かもしれません。

しかし、男性はいいかもしれませんが、女性はそれでは満足できませんし、不満は溜まっていくばかりです。

夫婦関係を良好に築いていく上でもなるべく長く性行為が出来る関係性で居たいわけです。

男性の場合は年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求だったり性的興奮が沸かなくなります。

30歳から徐々に低下していくわけです。

女性は多くの場合「自分に飽きてしまった」とか「もう自分に魅力が無いから」って思ってしまうかもしれません。

確かに長年連れ添っていれば性的興奮が沸きづらくなるかもしれませんが、全く性的欲求がなくなるというわけではありません。

ただ、男性の場合は年齢を重ねれば重ねるほどED(勃起不全)になりやすくなります。

性行為をして挿入しようと思っても勃起をしないとか中途半端な勃起しかしないためどうしても途中で中折れしてしまったりしまうことが増えます。

そうなると男性からしてみればまた勃起しなくなったらどうしようとか、また途中で中折れしてしまって射精まで至らなかったら疲れて終わってしまう。

だったらしなくてもいいかな?って思考回路になってしまいがちですし、女性から「私って魅力ないかな?」みたいなことを言われたりするのがプレッシャーになってしまって性行為を遠ざけてしまうわけです。

今は若い男性でもEDになってしまうという人が増えてきています。

朝から晩まで働いていて疲れきってしまって性行為をする気にもなれ無いという場合や将来に対する不安や仕事に対するストレスなどから勃起不全になる人が今非常に増えています。

性行為をする気さえ沸かないという人もいますが、そんな中でも性行為をしたいと思うときが来ます。

そんな時に確実に性行為が出来るようにED治療薬を使えばいいんです。

ED治療薬といえば老若男女誰もが知っているのがバイアグラですよね。

世界で始めて「医薬品として認められた薬」として発売前から話題となり、勃起不全に悩む男性だけではなくてパートナーとなる女性も救われたわけです。

発売当初から瞬く間に世界中へと広がっていき、まさに世界で最も有名な薬の1つとも言われています。

しかし、バイアグラというのは発売されてからもう20年以上が経過しています。

バイアグラだけではなくて色々なED治療薬が発売されているのです。バイアグラの次に先進医療国であるドイツの大手製薬会社バイエル社から発売されたのがレビトラです。

レビトラの特徴は即効性があり、最短15分ほどから効果を実感するといわれているので非常に使い勝手がよく、また服用してから最大10時間もの効果を発揮するということで十分性行為をする時間はあります。

そして日本で処方されている中で2018年6月時点で最も新しいのがシアリスです。

シアリスの素晴らしいところは服用してから最大36時間もの持続作用時間があるという点です。

カップルや夫婦が性行為を行うことが多いのはやはり週末です。そのためシアリスは週末の金曜日の夕方に服用すれば日曜日の朝まで効果を発揮すると言われているため「ウィークエンドピル」と呼ばれて親しまれています。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つを俗に三大ED治療薬と言われていますが、その中でもシアリスは最も新しいのにも関わらず2012年に世界シェア率No.1にも選ばれたことがあるED治療薬です。

とはいえ三大ED治療薬と呼ばれているのはあくまでも日本ではこの3つまでしか販売されていないわけです。日本は非常にED治療薬のみならず医薬品の認可にとても時間がかかると言われています。

世界ではこの3つのほかにも第4のED治療薬と呼ばれているステンドラと呼ばれる薬が世界中で発売されています。

日本ではまだ未承認ですが、お隣の韓国をはじめとして世界中で発売されている最新のED治療薬です。

色々な種類があるのですが、性的欲求が減っているのにも関わらず、わざわざ病院に行って貴重な休みを使ってまで手に入れたいとは思わないという人もいます。

また病院に行くのが恥ずかしいとかかっこ悪い、そもそも近くにない、行く時間が無いという人も多いです。

面倒だと思ってしまい、中々重い腰を上げることが出来ずに行動出来ない人も多いです。

ですが、今の時代はバイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で購入することが出来ます。

詳しくは当サイトでも紹介しますが、医薬品個人輸入代行サイトを利用することで簡単に手に入れることが出来ます。

この医薬品個人輸入代行サイトというのをあまり聞いたことが無いという人もいるかもしれませんが、非常に便利で24時間いつでもスマホやPCからクリック1つで注文をする事が出来ます。

日本ではジェネリック医薬品というのもしっかりと定着してきてはいますが、ED治療薬のジェネリック医薬品は現状バイアグラしか病院では処方されていません。

それが医薬品個人輸入代行サイトを利用すればまだ日本では未承認の最新のED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品のアバナを手に入れることも出来ます。

当然世界でNO.1シェア率を獲得したシアリスジェネリックもクリック1つで手に入れることが出来ます。

ジェネリック医薬品ならば先発医薬品と比べて同等の成分が配合されていながらも値段は半分以下、まとめて購入すれば5分の1で手に入れることも可能です。

一度でも利用してみたらその便利が分かるのが医薬品個人輸入代行サイトです。

勃起不全からセックスレスになる人もいますし、女性も旦那がEDだったら諦めるしかないということで徐々にどちらともなく性行為をすることから避けてしまうことが多いです。

だからこそED治療薬を駆使してまずはスムーズに性行為が出来るようにすることが大事です。ED治療薬を使ったことがない人が使ってみればその効果に驚かれると思いますのでまずは試しに1錠服用してみましょう。

セックスレス夫婦で円満だというところはかなり少ないです。

現実では喧嘩が頻繁になったり、会話がなくなっていき離婚をするという夫婦も珍しくありません。

離婚大国と言われている日本の理由の1つがセックスレスだからなのではないでしょうか?

とはいえセックスレスの関係で良いと思っている夫婦はそんなにいないですよね。お互いにもしかしたら何とかしたいと思っていても中々言い出せないのかもしれません。

特に女性からしてみれば自分から誘いづらいというのもあるでしょう。

だからこそここでは夫婦間で悩んでいる人の為に真剣に紹介をしていきたいと思いますので是非とも参考にしてくれたら幸いです。

付き合いたての男女のように戻ろう!なんていうのは無理な話ですが、笑顔が会話をする事が出来て支えあえる2人にはなれると思います。

当サイトを見て何かしらのキッカケになってくれたら幸いです。

↑ PAGE TOP